JR北海道、新幹線秒読みも苦しむ在来線 老朽化深刻
3月26日の北海道新幹線開業を控えた北海道旅客鉄道(JR北海道)が抜本的な経営改善を迫られている。在来線は収支改善のめどが立たず老朽化が深刻。2年前に国土交通省から異例の行政処分と刑事告発を受けた要因である安全対策も待ったなしだ。地元の反発がある (続きを読む)

日高線復旧、議論進まず JR北海道と自治体が協議
【新冠】不通が続くJR日高線(鵡川―様似間)の復旧に向けた方策を話し合う「JR日高線沿線自治体協議会」の第2回会合が28日、日高管内新冠町役場で開かれた。新冠町の小竹国昭町長ら同管内の7町長、JR北海道、道の担当幹部らが協議をしたが、復旧に向けた具体的な (続きを読む)

JR北海道「再生」のために必要な施策とは何か
一方、こうした批判や命令を受けたJR北海道は企業の再生面でも2014年4月に経営陣を刷新。常務の島田修氏が社長に就くとともに、会長には元JR東日本の常務取締役で、JR東日本等の線路や設備工事を手掛ける東鉄工業株式会社の社長を務めた須田征男氏を迎えた。(続きを読む)




JR北海道の経営役員主要ポストをJR東日本出身者が占めましたが、今後更にJR…
JR北海道の経営役員主要ポストをJR東日本出身者が占めましたが、今後更にJR東日本からの出向者が主要ポストを占めそうですか。 JR東日本によるJR北海道の子会社化が始まった様な人事です。 そうなると、JR北海道生え抜き派とJR東日本出身者で派閥抗争が起きる可能性も出てきますが。 http://www.nikkei.com/article/DGXNZO68633890Q4A320C1L41000/(続きを読む)

JR北海道やJR四国を救済しない理由は何ですか?民営化するとJR東海やJR東日本のよう…
JR北海道やJR四国を救済しない理由は何ですか?民営化するとJR東海やJR東日本のような勝ち組とJR北海道やJR四国のような負け組という明確な差が出ることは分かっていましたよね。 なぜ救済はないんですか?東京電力のように国有化すれば良いと思います。東京電力の株の過半数は原子力損害賠償・廃炉等支援機構が持っています。それとも、民営化しながらも既に国有化しているのですか?鉄道建設・運輸施設整備支援機構という独立行政法人が株を持っているそうですが。(続きを読む)

JR北海道安心して乗れますか
JR北海道安心して乗れますか(続きを読む)

JR北海道社員です。労働組合の活動で困っています 子供の頃から鉄道が好きでやっと…
JR北海道社員です。労働組合の活動で困っています 子供の頃から鉄道が好きでやっとJRに入ったのに、業務後強制的に時間を奪われて労働組合を活動に参加させられ、全く鉄道と関係のない政治活動 をさせられて不条理を感じています。 入社前にJR北海道が不祥事を起こした時も入ったらなんとか安全な鉄道になるように貢献したいと思っていました。 不祥事の諸悪の根源と言われるJR北海道労組の存在もネットで検索すればすぐに出てくるので知っていました。しかし実際入らされてみると特定の政治家を支援する署名を自分の知り合いの情報も使って書かされたり、休日を使って反安保集会や憲法9条を守るといったような集会に招集されるなど、社員を使った政治活動を隠そうともしません。 同僚も大多数が、「自分だけ脱退すると職場の空気が悪くなるから」「労組を抜けて起こる労働面のマイナスが怖い」「自分だけ勝手に辞めたら今まで役員などをやらされてきた他の同僚から白い目で見られる」などの同調圧力で、やりたくない活動をだらだらと続けさせられているのが現状です。 私は憧れだったJR北海道を良くしたいです。それなのに強制的に活動費を天引きされ、自分の思想信条と反する上に全く鉄道と関係のない活動に参加させられ、その反面今の急務である鉄道の安全確保や労組の本来の役割である労働者の待遇向上をするような活動などは全くせず、憤りを隠せません。 脱退したいのですが労働組合から脱退しても労働上問題は起きませんか?受けられなくなる福利厚生などは存在するでしょうか また、労働組合の中の革マル派やサヨクを追い出す方法はないでしょうか? ちなみにここの労組は入社時に強制的に入らされるものではないようです。 入社時の諸々の手続きの中に労働組合入会の手続きはなく、研修時間後に労組の人員が新入社員の代表たちを秘密裏に集めて全員分の入会を集めさせるよう指示した形でした。(続きを読む)

JR北海道って、倒産することはありうるのでしょうか。 倒産したらどうなるのでしょ…
JR北海道って、倒産することはありうるのでしょうか。 倒産したらどうなるのでしょうか。(続きを読む)




MITが選ぶ2016年に注目すべき革新的技術10選まとめ

マサチューセッツ工科大学(MIT)が出版している技術誌MIT Technology Reviewは毎年、注目すべき革新的な技術トップ10についてまとめる「10 Breakthrough Technologies」を発表しています。2016年度版の10 Breakthrough Technologies 2016で発表された期待の次世代技術をGIGAZINEの過去記事を中心にまとめるとこうなります。

続きを読む…

(続きを読む)