————————————————–

————————————————–

栃木・那珂川、かれんな山野草が見頃
地権者や町民らで組織するNPO法人「山野草保存会」が管理。関東最大の群生地として、シーズン中に約2万人が訪れる名所となっている。同会によると、今年は開花が例年より10日ほど早く、4月5日ごろまで見られそうだ。園内ではミズバショウやショウジョウバカマなども見頃 (続きを読む)

森をつくる、森になる 週のはじめに考える
もうすぐ、シロモジやマルバノキのような落葉低木が新芽を吹いて、ショウジョウバカマの赤、バイカオウレンの白などが、常緑樹の森に彩りを添える季節が訪れる。 ふところ深い千年の森の中、木々の命はそれぞれにかかわり合いながら、季節とともに装いを変えています。(続きを読む)

今年は早め カタクリ開花 2015年03月26日
八溝県立自然公園内の雑木林約3ヘクタールに100万株が群生している。1周約3キロの遊歩道が整備され、満開時は一面が紫色になる。公園を管理するNPO法人山野草保存会の石沢隆美会長(67)は、「温暖な日が続いたためミズバショウやショウジョウバカマも咲き始めて (続きを読む)



4年前に山から取ってきたショウジョウバカマ、2年目は花を付けましたが、それ以…
4年前に山から取ってきたショウジョウバカマ、2年目は花を付けましたが、それ以降花が咲きません。植えている場所は、朝日が当たり午後からは陰になり、湿気も適当にあります。 花目が付かない原因は何でしょうか?(続きを読む)

————————————————–

————————————————–