北海道新幹線「H5系」車両、走行試験で初の本州入り
2016年春に開業する北海道新幹線の新型車両「H5系」が7日早朝、走行試験で北海道から初めて本州入りした。到着した建設中の奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)では町民ら約70人が手を振り、初入線を歓迎した。 特集:“テツ”の広場. JR北海道によると、6日午後10時50 (続きを読む)



H5系の車体・内装と今後のE5系 北海道新幹線の新青森‐新函館間(仮称)の開…
H5系の車体・内装と今後のE5系 北海道新幹線の新青森‐新函館間(仮称)の開業に向けて投入が予定されているE5系ベースの「H5系」は、車体の帯の色は「彩香パープル」、内装は「雪の結晶などをあしらった独自のデザイン」を採用するそうです。 E5系も北海道新幹線に乗り入れることから、既存のE5系は車体の帯の色を「はやてピンク」からH5系と同じ色の「彩香パープル」への変更のみを行い、今後新造するE5系の車体と内装は、H5系と同じにし、車体の帯の色を「彩香パープル」、内装を「雪の結晶などをあしらったデザイン」を採用しますか?(続きを読む)