動画が再生されない場合はこちら[動画再生]

ヤフーピックアップニュース

震災6年 今も69遺体身元不明

「共謀罪」閣議決定17日以降

森友 教員を名簿に無断記載か

補償なし 犯罪被害者の二重苦

水産加工業 震災後回復進まず

Q&A Yahoo知恵袋で疑問解決

九州電力の川内原発の再稼働への同意決議に賛成した自民党所属の
[ニュース、政治、国際情勢|エネルギー、資源|原子力]

九州電力の川内原発の再稼働への同意決議に賛成した自民党所属の鹿児島県議会議員2名が、2人で九州電力関連の関連工事を、親族会社(ファミリー企業)に合計で2.9億円受注させていました。 そこで、以下の記事も参考に、次の質問に回答して頂きたいと思います。 質問① 原発再稼働のためなら手段を選ばない県会議員が2名出て来ましたが、何らかの刑事責任を問われる可能性が有ると思いますか? 質問② 2名の県会議員の行状が暴露ましたが伊藤祐一郎・鹿児島県知事、他の県会議員、岩切秀雄・薩摩川内市長や市議会議員も、同じ様な疑獄に発展すると思いますか? 質問③ この両名や九州電力の犯罪が立証されれば、刑事罰はどれ位が望ましいと思いますか? 質問④ 他の玄海町の岸本英雄町長、おおい町の時岡忍町長、佐賀県前知事の古川康、福井県知事の西川一誠等の刑事責任を追及する必要は有ると思いますか? 質問⑤ この贈収賄等に当ると考えられる事件の発覚は、川内原発やその他の原発の再稼働の動きに影響を与えると思いますか? 【九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全対策の調査を担当し、再稼働に同意した鹿児島県議2人や親族の経営する建設会社計4社が、東京電力福島第一原発事故後の3年間で、川内原発や九電の関連工事を計26件、2億9千万円分受注していた。2県議は会社から報酬を受けていた。 川内原発の安全性を客観的に審議する立場の県議たちが、原発事業者側から利益を受ける構図だ。 2人はいずれも自民党の外薗(ほかぞの)勝蔵県議(当選4回、薩摩川内市区)と小幡兼興県議(同5回、出水市区)。ともに県議会で川内原発の安全対策を調べる原子力安全対策等特別委員会(15人)に所属。同委員会は2014年11月、川内原発の再稼働推進を求める陳情を賛成11、反対3で採択し、2人は賛成した。 二人は「工事の受注と安全性確保の審議には関係がない」と話している。 鹿児島県や宮城県に出された工事が経歴書によると、外薗氏の兄のおいが代表の建設会社(薩摩川内市)と、兄と息子が代表の建設会社(薩摩川内市)は川内原発の工事を計6件、その他の九州電力やグループの施設の工事を計14件受注していた。1件が九州電力の元請け、残りは下請けだった。また外薗氏は福島第一原発の事故後の2012年7月、宮城県岩沼市に建設会社を設立し、社長を務めている。同社も九州電力の子会社化や1件受注していた。外薗氏関係は3社で、受注は計1億9一千万円分だった。 所得報告書によると、外薗氏は2011年秋まで薩摩川内市の2社の相談役を務め、報酬を受領、外薗氏によると、岩沼市の会社から月給約35万円を得てる。 小幡氏の親類が代表の建設会社(薩摩川内市)は、九州電力から川内原発の工事を元請で5件、計億円分を受注。所得報告書によると小幡氏は同社の顧問で、報酬を受けている。 外薗氏は県議会で「再稼働を推し進めていかなければならない」と発言している。 2013年の新規制基準施行以降、川内原発は全国で初めて2014年9月に基準に適合していると原子力規制委員会が判断。薩摩川内の岩切秀雄市長や市議会、鹿児島県の伊藤祐一郎知事や県議会も再稼働に同意した。 外薗勝蔵県議の話 工事の受注と県議会での審議に関係はないが、九州電力との関係を言われるので委員会は辞めようかと思った。だが、党県連幹事長はをしていた責任があって残った。地元のためにも原子力は必要だ。 小幡兼興県議の話 経営には口出しもしていないので問題はない。議会での審議とは関係ない。電気代のこともあり、原子力は必要だ。 (中略) 工事受注は九州電力の玄海原発のある佐賀県玄海町の岸本英雄町長、関西電力の大飯原発のあるおおい町の時岡忍町長、日本原電の使用済み核燃料再処理工場ある青森県の六ヶ所村村議でも見られた。】

【ベストアンサー】
恥ビルのバカードモノマネは外しまくってみっともないですな。 さてニュースの県議のようなケースに関して取り締まる法律などは無いようです。 政治倫理規定もはっきりしないそうですね。 これもまた、法の狭間で社会倫理を無視してえげつなく利益をむさぼろうという、既得権益癒着構造の弊害の一つです。 過去から自民系原発推進派が、「金目」に物を言わせて立地自治体経済を金づけにして来た結果で、そもそも原発推進派が多用してきた「奴隷化の手口」です。 このようにして地元経済界も政治行政も金縛りになって、原発賛成以外に頭が働かなくなるんですよ。だから住民の反対は目にも耳にも入りません。 それが立地自治体で発現している、いわゆる「原発依存構造」というやつの一つです。 こういう依存構造を無くすには取り締まる法律や条例を作らないといけませんが、自民党支配ではやらないでしょう。 内から腐れている原発はますます危険度を増すばかりです。 マスコミで大々的に追及しキャンペーンを張らない限り、再稼働云々への影響になどはならないでしょう。しかし統一地方選への何がしかの影響にはなるかもしれませんね。 しかしマスコミはたいてい腑抜けですし、朝日は元気が無くなりましたし。こうした腐れ構造は徹底的に追及されなければならないのですがね。

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

こんにちは。2017年3月7日15時 今日の主なニュースでご
[おしゃべり、雑談|投稿練習]

こんにちは。2017年3月7日15時 今日の主なニュースでございます。 どうぞご自由にご意見をお書きください。 北在留マレーシア人 人質化も http://news.yahoo.co.jp/pickup/6232318 玄海原発 町長が再稼働に同意 http://news.yahoo.co.jp/pickup/6232299 東電社員 中傷で強いストレス http://news.yahoo.co.jp/pickup/6232315 トランプ氏 日韓を全力で防衛 タクシーが4人はねる 新宿 森と炭谷不在 緊急事態の西武 黒人受賞の陰で 米映画の課題 長澤まさみ事務所が留学OKか ■なんこにゅーす

【ベストアンサー】
Array

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

白々しいとはこのことでしょうか?? 佐賀県玄海町の岸本英雄町
[ニュース、政治、国際情勢|政治、社会問題]

白々しいとはこのことでしょうか?? 佐賀県玄海町の岸本英雄町長は九州電力の真部利応社長と会談し、定期検査で停止している玄海原発2、3号機について「運転再開を了解したい」と述べた。東京電力福島第1原発事故が起きてから、原発が立地している自治体が原子炉の再稼働に正式に同意したのは初めてである。 九電は原子力安全協定を結んでいる玄海町と佐賀県の同意を運転再開の条件としていた。今後は古川康知事の判断が焦点となるが、知事も運転再開を容認する姿勢を示していることから、福島原発事故後、玄海2、3号機が全国で初の再稼働となる可能性が一層強まったといえよう。 岸本町長は会談で「(震災後の)緊急安全対策で安全が確保された。議会も容認し、運転再開への町民の理解は得られた」と述べた。これらを総合的に考慮して再稼働に同意したとの判断である。

【ベストアンサー】
九州電力玄海原子力発電所が立地する佐賀県玄海町の岸本英雄町長の実弟が経営する建設会社「岸本組」(本社・佐賀県唐津市)が2008年度までの15年間に、九電発注の原発関連工事だけで少なくとも約110件、総額約56億円分を受注していたことがわかった。 結局、こういうことなのが醜いですね。

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

安藤サクラおめでた “芸能界屈指のハイブリッド孫”6月誕生へ(夕刊フジ)

ベッキー、ラッキー?アンラッキー? レギュラー番組の「最終回」に復帰のウラ(夕刊フジ)

ビリー・バンバンが45周年リベンジ 3年前脳出血で倒れた兄・孝「車いすで紅白出たい」(夕刊フジ)