ヤフーピックアップニュース

退位後も「陛下」政府検討

豊洲問題 歴代市場長が証言

石原氏の喚問 1時間に短縮

森友 赤旗が証言記事取り消し

避難訴訟 他人事と思わないで

Q&A Yahoo知恵袋で疑問解決

天皇の生前退位などを検討している政府の有識者会議が7日行った
[教養と学問、サイエンス|芸術、文学、哲学]

天皇の生前退位などを検討している政府の有識者会議が7日行った専門家ヒアリングの 平川祐弘・東大名誉教授、 古川隆久・日大教授、 ノンフィクション作家の保阪正康氏、 大原康男・国学院大名誉教授、 所功・京都産業大名誉教授の5人の 利点、欠点、限界、盲点とは? 天皇の生前退位の本質とは? 1)天皇の役割(2)天皇の公務(3)公務負担軽減の方法(4)摂政の設置(5)国事行為の委任(6)退位の是非(7)退位の制度化(8)退位後の地位や活動を どの様に考えれば良いのだろうか? 下記参照。 保守系、天皇退位に異論=政府はプロセス重視-専門家聴取 2016年11月07日21時11分 https://news.google.co.jp/news/amp?caurl=http%3A%2F%2Fwww.jiji.com%2Fjc%2Famp%3Fk%3D2016110700849#pt0-982469 からの引用。 天皇の生前退位などを検討している政府の有識者会議が7日行った専門家ヒアリングで、5人のうち2人が天皇の生前退位について明確に反対した。政府は今の陛下に限って退位を認める特例法を軸に法制化の検討を進めるが、専門家の多様な意見は、有識者会議としての集約の難しさをうかがわせた。 〔写真特集〕天皇陛下 反対を表明したのは平川祐弘東大名誉教授と大原康男国学院大名誉教授。 平川氏は、天皇の役割について「能力主義的価値観を持ち込むと皇室制度の維持が困難になる」との認識を表明。「象徴の務め」への不安を述べられた陛下のお言葉に対し、「ご自分で拡大された役割を絶対的条件にして、それを果たせないときは退位したいというのは、ちょっとおかしい」と疑問を呈し、摂政を置くことで対応可能との見解を示した。 大原氏も「(天皇は)ご存在の継続そのものが『国民統合』の要」と同趣旨の論を展開。高齢化社会と象徴天皇制を「調和」させる試案として、現行の摂政制度の要件に「高齢」を加えることを提案した。 残り2回のヒアリングでも、退位に慎重な識者が控える。14日の渡部昇一上智大名誉教授、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、30日の八木秀次麗沢大教授、百地章国士舘大院客員教授と、保守論壇で名の知れた面々だ。 特に平川、渡部両氏からの意見聴取は安倍晋三首相が希望した。政府関係者は「議論をまとめるには、一家言ある人たちの発言の機会をきちんと設けたプロセスが必要」と狙いを説明する。 一方、退位を容認する考えを示した3人の有識者でも、陛下一代限りの特例法とすべきか、後世の天皇にも適用する皇室典範改正が望ましいかをめぐっては立場が分かれた。 古川隆久日大教授が、典範改正が望ましいとの考えを示したのに対し、作家の保阪正康氏と所功京都産業大名誉教授の2人は、まずは特例法で対応し、後に典範改正する2段階論を主張。この中でも温度差があり、典範改正に関して所氏が「時間的に可能ならば」と条件を付けたのに対し、保阪氏は改正が「前提」との考えを示した。 有識者会議の御厨貴座長代理は会合後の記者会見で「1回だけで『こういう傾向だ』と言うことはできない」と率直に認めた。同会議は年明けに論点整理を予定しているが、御厨氏は「16人全員(から意見を)聴いた時に、どの程度の相場観ができるかによる」などと言質を与えなかった。(2016/11/07-21:11) 天皇陛下の生前退位で有識者ヒアリング、「憲法違反に近い」と反対意見も http://m.huffpost.com/jp/entry/12852412 過去質問 Okwave 政治カテゴリー 2016年 10月18日 16:33 天皇の生前退位(1)天皇の役割(2)天皇の公務のあり方(3) http://sp.okwave.jp/qa/q9244377.html

【ベストアンサー】
ここでの私の回答も踏まえて。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11165719101 1. 天皇は、日本の元首です。 少なくとも、日本政府の公式見解ではそうです。 2.および3.と5. 元首だから、元首としての公務は減らせません。 例えば、外交に関する儀式などです。 ウィーン外交関係条約には、「相手国の元首へ派遣されるのが大使」と、規定されています。 だから、諸外国の駐日大使を歓迎送迎するのは天皇の仕事です。 元首ではない首相や内閣が行えることではありません。 で。 昭和時代、日本に大使を派遣してる国は二桁でしたが、現在は150を越えています。 4. 天皇が未成年の場合の摂政は、8月のお言葉でも否定されていません。 それ以外の場合は、検討の余地があるでしょうね。 6.~8. 前回の私の回答と同じです。 平川氏のは、駐日大使を派遣してる国々が1.5倍に増えている(おそらく、今後も増える)という状況をどう考えているのか、ちょっと疑問です。 これだけでなく、副大臣や政務官などの認証官も、2000年(平成12年)前後の中央省庁再編にともなって設置されたものであり、これも「天皇自身が増やした」のではなく、天皇とは関係無いところで外形的に増えたものです。 大原氏のも、対症療法でしかなく、根本的な命題に応答してるとは思えません。 というかそもそも。 現行の憲法と皇室典範ではじめて即位したのが、今上天皇です。 だから、現行制度での「天皇の有り様」というのは、今上天皇自らがその言動で示していかなければなりません。 昭和天皇は、即位は旧憲法旧典範でしたから、その延長線上でやっていけば済んだのかもしれない。 このあたりを、譲位反対派はどのように考えているのか、まずそこを示すべきなのでは?、と思います。 あと。 旧皇族復帰との関係も。 大原氏は、男系男子維持派であり、旧皇族復帰にも反対してません。 で、この復帰のやり方のひとつに、養子も挙げられています。 旧典範で「皇族が養子を取るのは禁止、天皇が皇族から養子を取ることのみ容認」とされたのは、譲位禁止条項との併用で「余計な皇位継承権争いを防ぐため」でした。 そういないと、「その天皇が意中の皇族を養子にし、自分はさっさと退位してその養子を天皇にする」というようなことが、いくらでもできてしまいます。 これでは、争いを防ぐことはできません。 だから、この目的を完遂するならば、養子を解禁するなら譲位は禁止、譲位を解禁するなら養子は禁止、のいずれかにするしかないわけです。 譲位禁止を唱えているのが、養子解禁をも考えてのことならば、いちおうは理解できます。 私は譲位解禁、養子禁止の立場ですけどね。 養子なんてせずとも、親等数や世代数とは関係無く、つまりいくら離れていようとも、皇位も宮家当主も男系血統で継承できる、としておいた方が、将来的にもプラスですから。

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

民進党の譲位恒久化は天皇制を潰す目的としか思えませんね。 一
[ニュース、政治、国際情勢|政治、社会問題]

民進党の譲位恒久化は天皇制を潰す目的としか思えませんね。 一緒に女性宮家・女系天皇も併記する模様です。 摂政制度もあることなのでまずは特措法で十分で制度作りを急ぐのが重要。 どさくさにまぎれ民進党の従来の主張のj女性天皇を押し込もうと画策するのが明白。 まずは政府の意見に反対する姿勢が顕著ですね、何でも反対民進党。 >■女系天皇・女性宮家検討も 天皇陛下の譲位に関する法制備をめぐり、民進党の「皇位検討委員会」(委員長・長浜博行副代表)がまとめた中間報告の概要が17日、わかった。陛下のご意向や高齢化社会の現状を踏まえ「恒久的な退位の制度を整える必要がある」として、政府が検討する一代限りの特別措置法ではなく、皇室典範の改正で対処すべきだと明記した。政府と野党第一党が異なる方針を掲げることで、来年の通常国会にも予定する法整備は混乱する可能性が出てきた。 中間報告は、21日の党常任幹事会で正式決定する。 中間報告では、陛下が譲位の意向を示された8月8日の「お気持ち」を詳細に分析。「天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」と述べられたことなどを踏まえ、公務の負担軽減の優先だけでは問題の解決にならないとした。 さらに、日本人の平均寿命が80歳を超え、今後も類似の事態が起こる可能性があるとして「退位は陛下一代限りでなく、恒久的な制度を整えるべきだ」とも指摘。皇位は憲法2条で「皇室典範の定めるところにより、これを継承する」となっていることも踏まえ、皇室典範を改正し、恒久的な譲位制度を作るよう求めた。 政府には、典範改正となれば協議項目が膨大となり、82歳という陛下のご年齢を踏まえると、法整備が長期化することへの懸念がある。しかし中間報告では、典範の改正項目を退位に絡む条文だけに絞ることにより、法整備の長期化は回避できると位置づけた。 中間報告では、安定的な皇位継承を図る観点から、女性皇族が結婚後も皇族の身分にとどまる女性宮家の創設や、母方が天皇の血筋を引く女系天皇についても検討を進める考えを示す。 政府は来年初めにも与野党から意見を聞いた上で、来年の通常国会で一代限りの譲位を可能とする特措法案を提出する方向。野田佳彦幹事長は「法整備を政争の具にしない」と語るが、政府・与野党間の意見対立が際立てば、実際の法案作成や国会審議にも影響を与えそうだ

【ベストアンサー】
天皇制廃止論に賛成!! 【天皇陛下・皇族の年収・収入状況】 http://www.nenshuu.net/shoku/tennou/tennou.php

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

<退位後称号>「上皇」使わず 政府、「前天皇」など検討
[ニュース、政治、国際情勢|政治、社会問題]

<退位後称号>「上皇」使わず 政府、「前天皇」など検討 政府は天皇陛下が退位した後の称号について、歴史的に使われてきた「太上天皇」と略称の「上皇」は使用しない方針を固めた。 上皇が天皇より上位にあるとして政治に関与した歴史があり、皇位の安定性に懸念を抱かせる恐れがあると判断した。代わりに天皇より上位とみなされにくい「前天皇」や「元天皇」とすることを検討している。今春以降に国会に提出する退位の関連法案に明記する。 退位後の天皇、皇后の敬称については、政府内で「即位前の『殿下』に戻すわけにはいかないので、『陛下』のままがふさわしい」との意見が出ている。この場合、現在の天皇陛下を退位後は「前天皇陛下」や「元天皇陛下」と呼ぶことになる。 上皇は平安時代後期から鎌倉時代中期にかけ、政治に関与する「院政」を敷くことがあった。政府の有識者会議では「現行憲法下の象徴天皇と結びつけるのは飛躍がある」として、懸念は不要という意見もあった。 しかし、上皇は歴史的な称号で権威を与えかねず、新天皇に即位する皇太子さまとの「国民統合の象徴の分裂」が起こる懸念がある。「二重権威になっていさかいが起こるイメージがある」(有識者会議関係者)こともあり、使用を見送る判断に傾いた。 陛下は2010年7月の宮内庁参与らの会議で「自分は上皇になる」と述べていた。関連法案には、退位した天皇の称号や敬称のほか、皇位継承順位から外す規定などを盛り込む。【田中裕之】 . 元元首じゃなかったっけ?

【ベストアンサー】
いいえ、 違います。 日本に元首はいません。

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

渡瀬恒彦さん、都内自宅で近親者のみの密葬(夕刊フジ)

渡瀬恒彦さんのケンカ伝説とデビュー秘話 「安岡力也をボコボコにした」腕っぷし(夕刊フジ)

大伴理奈、魅惑のヒップで魅了 2017年旭化成キャンペーンモデル(夕刊フジ)