動画が再生されない場合はこちら[動画再生]

ヤフーピックアップニュース

退位後は「上皇」専門家見解

籠池氏妻 メールで認可求める

愛子さま中等科卒業 文集公表

「共謀罪」賛否の溝大きく

海自最大 護衛艦「かが」就役

Q&A Yahoo知恵袋で疑問解決

安川惡斗は大丈夫かな? 異常なSNS暴露の威力業務妨害訴えら
[スポーツ、アウトドア、車|スポーツ|プロレス]

安川惡斗は大丈夫かな? 異常なSNS暴露の威力業務妨害訴えられた非常識な性悪AV高原秀和監督に粘着支配されて・・・。 例。AV強要 現役女優・香西咲が語る「洗脳」から出演までの8カ月の記事。若い女性がアダルトビデオ(AV)に無理やり出演させられる被害が社会問題化する中、現役AV女優の香西咲さん(30)が取材に応じた。10月1日でデビュー5年になる香西さんは7月、週刊文春に前所属事務所社長から8カ月にわたる「洗脳」を受け、AVに出演させられたなどと社長の実名を挙げて告発した。刑事、民事の訴訟を準備している彼女に、出演までの経緯と告発した思い、今もAV女優を続ける理由などを聞いた。8カ月間に及ぶ「洗脳」(朝日新聞経済部記者・高野真吾)の記事。 私がアダルトビデオに出演させられるまでに起きたこと 被害の実態の記事。 「夢がかなう。彼についていこう。この社長を信じたら、自分の夢がかなう可能性が広がる。彼について行ってみたい」 「みんなに必要とされるような人間になるといいよ」と言いくるめられた。家畜のような存在になってしまった。洗脳され、奴隷のように働いていた」状態が終わると、別の苦しみが始まった。大量の作品が残り、ネットにも流通し続けることに悩み、何度も死にたいと思った。自ら命を断とうとしたこともあった。 「声を殺し、ただ時間がすぎるのを待っていた日々だった。今あるのは取り返しのつかない人生への後悔と、だまされた悔しさと、(作品が流通し続ける)未来への絶望」。街を歩く若い女性を見ると、絶対に自分のような経験をしてほしくないと思う。 世間には「被害に遭う方が悪い」という声もある。「やらざるを得ない状況におかれた子が少なからずいることをわかって頂きたい。プロダクションは、AV出演でその後の人生がどうなるかを考える余裕を与えず、『今我慢すれば終わる』ことばかり強調する。考える時間を与え、本人の気持ちの確認を怠らないでほしいなど支援団体への相談急増世間には「被害に遭う方が悪い」という声もある。「やらざるを得ない状況におかれた子が少なからずいることをわかって頂きたい。プロダクションは、AV出演でその後の人生がどうなるかを考える余裕を与えず、『今我慢すれば終わる』ことばかり強調する。考える時間を与え、本人の気持ちの確認を怠らないでほしい 被害者支援のNPO法人「人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」によると、AVに関する相談は2013年に1件のみだったが、翌年から急増して今年4月末までに120件に達した。女性からの相談が約9割で、男性からの相談もある。内容は「モデル契約のはずが無理やりAVに出演させられた」「無修整動画の販売を止めたい」などだ。 警視庁は、東京都渋谷区の芸能プロダクションの元社長ら3人を、同社に所属する女性をAV制作会社に派遣し、公衆道徳上の有害業務にあたるAVに出演させた疑いで逮捕した。政府は今月2日に閣議決定した答弁書で、AVへの出演強要は予防と根絶が必要な「女性に対する暴力」に当たるとし、実態把握や相談体制づくり、民間支援団体との連携強化に取り組むとしている。 AVメーカーなどで作るNPO法人知的財産振興協会は22日、「今まで対応を自主的に行っていなかったことを深く反省する。プロダクションにも働きかけ業界全体の健全化に向け早急な改善を促したい」との声明を発表した。 国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」事務局長の伊藤和子弁護士は「被害相談は今なお続いている。無修正の動画が海外のサーバーから配信されるなど、被害の回復は非常に難しい。意に反する出演をなくすための法規制が必要で、AV業界も被害を防止・救済する対策に真剣に取り組んでほしい」と語る。 評判よい大手のプロダクションに受けて入るか、善良なプロデューサーを探すか、善良な結婚相手探すのが一番の親孝行

【ベストアンサー】
夜、暗闇の中で一晩を過ごした。

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

別居報道の松田龍平、妻・太田の写真と「僕の大切な人」コメントに込めた“配慮”(夕刊フジ)

中条あやみ、次世代CM女王みえた!222位→13位に 「チア姿で太もも揺らしながら…」(夕刊フジ)

追悼・渡瀬恒彦さん、甦るマッドドッグ伝説 菅原文太さんも怒らせた体当たりスタント(夕刊フジ)