動画が再生されない場合はこちら[動画再生]

ヤフーピックアップニュース

福島県の避難指示 7割で解除

籠池氏 補助金不正一部認める

液体ミルク 基準作り議論開始

共謀罪 審議入り日程持ち越し

ギャンブル依存疑い2.7% 調査

Q&A Yahoo知恵袋で疑問解決

福島の20ミリシーベルト以上の避難地域に10万人を帰還させる
[ニュース、政治、国際情勢|災害|原子力災害]

福島の20ミリシーベルト以上の避難地域に10万人を帰還させると何が起こるか? 政府の帰還政策の恐るべき危険性を警告する 市民と科学者の内部被曝問題研究会会員 渡辺 悦司 政府は、福島県内の20ミリシーベルト(mSv)以下の汚染地域に対する避難指示を次々に解除して住民の帰還を促してきたが、2015年6月12日、さらに現在年間20~50mSv地域の避難指示を17年3月までに解除し、帰還を促す方針を閣議決定した また福島県は、15年7月9日、住宅支援などの避難者援助を17年3月をもって打ち切る方針を公表した これは、「帰還による被曝か、避難による生活苦か」の選択を避難者個人に強要する、残酷きわまりない政策である 現在11万人に上るとされる避難者は、政府と県当局による経済的・社会的圧力により、法律上の上限値である年間1mSvを大きく上回る被曝を、子どもや妊婦までも含めて、半ば強制されようとしている だが、20mSvや50mSvという数字は何を意味するのか? 福島原発事故が広範な地域を放射能で汚染したとき、山下俊一氏ら放射線「専門家」たちは、100mSvまでの放射線の健康影響は「分かっていない」のだから「安全である、と主張した 彼らは、その宣伝のために汚染された地域を講演して回った この場合の「100mSv」とは、「1回の被曝量」あるいは「累積の被曝量」のことであって、「年間被曝量」のことではない(もし年間100mSvを浴び続ければ、10年で放射線障害が出る1Sv、40年で半数致死量4Svに達してしまう) このような「100mSvしきい値論」は、低線量被曝を無視する根本的に間違った見解であった 日本政府が行っている帰還政策がどれほど危険であるかは、仮にそれが実現したら何が起こるかを、政府側専門家の理論をベースにして考えれてみればよい いま、避難をしていた住民約10万人が、年間20mSv汚染地域だけでなく、政府が避難指定解除を目指している年間50mSv地域に、帰還して居住する、と仮定してみよう そこで2~5年も経てば、帰還者の累積被曝量は、政府側の専門家たちが放射線の健康影響があると「分かっている」とするレベル、100mSvに達する。帰還した住民が「確率的にがん死する」という放射線の「確率的影響」は、確実に現れるであろう 放射線ジェノサイド 政府の放射線医学総合研究所が編集した教科書的著作にある表を見てみよう(上付表) 引用されている国際的に「権威ある諸機関によれば、10万人が100mSvの被曝量(原表では0・1グレイであるが、同じ量である)を浴びると、生涯で426~1460人の「過剰な」(つまり追加的な)がん死者が出る、と推計されている 中央値は約1000人である 計算上の係数操作を除いて平均しても、約1000人である ここではこの値を採ろう これらの追加的ながん死者数は、20mSvの場合5年間、50mSvの場合2年間に対応する 放射線量は半減期によって減少するが、いま残っている核種は半減期が長いので、経年の減衰は大きくない ここでは生涯期間を50年とし、減衰を4割として計算すると、50年間に6000人~15000人のがん死者が出る計算になる 同書には、実際にはがん死リスクが従来の推計のおよそ3倍だという最近の調査結果も引用されており(123ページ)、その場合には18000人~45000人のがん死者が出る 50mSvの場合、帰還住民の半数が亡くなる可能性が示唆されている 現実には、放射線が一因となる心臓疾患、腎臓病、免疫不全、代謝異常など、がん以外の病気による追加の死者が付け加わる 放射線への感受性が数倍から数十倍高い小児や乳幼児への影響も考慮し、また放射性微粒子を吸い込んだり汚染された食品を食べたことによる内部被曝の影響も入れると、リスクはさらに増える つまり、これらを捨象して、政府側の専門家の「100mSvしきい値論」に依拠しても、外部被曝とがんだけでこの結果になるのだ ――隠された静かな放射線ジェノサイドというほかない www.jimmin.com/htmldoc/156904.htm 【記録】2011年3月14日11時1分 臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより) この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった https://youtu.be/0S15pZvEOFk 【必見動画】 放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画) twitcasting.tv/7l2cnc/movie/214443259 (動画) 【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】 映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください 無料で見られます 一億人が見たら変わります 一人でも多くつないでください https://www.youtube.com/watch?v=Vhb5pCXMkxU&list=PLjF4tckxD_cLpvJ6Y-kobaOGC4MeMUgG_ https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity

【ベストアンサー】
10万人帰らせるには除染するしか なさそうです

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

福島の20ミリシーベルト以上の避難地域に10万人を帰還させる
[ニュース、政治、国際情勢|災害|原子力災害]

福島の20ミリシーベルト以上の避難地域に10万人を帰還させると何が起こるか? 政府の帰還政策の恐るべき危険性を警告する 市民と科学者の内部被曝問題研究会会員 渡辺 悦司 政府は、福島県内の20ミリシーベルト(mSv)以下の汚染地域に対する避難指示を次々に解除して住民の帰還を促してきたが、2015年6月12日、さらに現在年間20~50mSv地域の避難指示を17年3月までに解除し、帰還を促す方針を閣議決定した また福島県は、15年7月9日、住宅支援などの避難者援助を17年3月をもって打ち切る方針を公表した これは、「帰還による被曝か、避難による生活苦か」の選択を避難者個人に強要する、残酷きわまりない政策である 現在11万人に上るとされる避難者は、政府と県当局による経済的・社会的圧力により、法律上の上限値である年間1mSvを大きく上回る被曝を、子どもや妊婦までも含めて、半ば強制されようとしている だが、20mSvや50mSvという数字は何を意味するのか? 福島原発事故が広範な地域を放射能で汚染したとき、山下俊一氏ら放射線「専門家」たちは、100mSvまでの放射線の健康影響は「分かっていない」のだから「安全である、と主張した 彼らは、その宣伝のために汚染された地域を講演して回った この場合の「100mSv」とは、「1回の被曝量」あるいは「累積の被曝量」のことであって、「年間被曝量」のことではない(もし年間100mSvを浴び続ければ、10年で放射線障害が出る1Sv、40年で半数致死量4Svに達してしまう) このような「100mSvしきい値論」は、低線量被曝を無視する根本的に間違った見解であった 日本政府が行っている帰還政策がどれほど危険であるかは、仮にそれが実現したら何が起こるかを、政府側専門家の理論をベースにして考えれてみればよい いま、避難をしていた住民約10万人が、年間20mSv汚染地域だけでなく、政府が避難指定解除を目指している年間50mSv地域に、帰還して居住する、と仮定してみよう そこで2~5年も経てば、帰還者の累積被曝量は、政府側の専門家たちが放射線の健康影響があると「分かっている」とするレベル、100mSvに達する。帰還した住民が「確率的にがん死する」という放射線の「確率的影響」は、確実に現れるであろう 放射線ジェノサイド 政府の放射線医学総合研究所が編集した教科書的著作にある表を見てみよう(上付表) 引用されている国際的に「権威ある諸機関によれば、10万人が100mSvの被曝量(原表では0・1グレイであるが、同じ量である)を浴びると、生涯で426~1460人の「過剰な」(つまり追加的な)がん死者が出る、と推計されている 中央値は約1000人である 計算上の係数操作を除いて平均しても、約1000人である ここではこの値を採ろう これらの追加的ながん死者数は、20mSvの場合5年間、50mSvの場合2年間に対応する 放射線量は半減期によって減少するが、いま残っている核種は半減期が長いので、経年の減衰は大きくない ここでは生涯期間を50年とし、減衰を4割として計算すると、50年間に6000人~15000人のがん死者が出る計算になる 同書には、実際にはがん死リスクが従来の推計のおよそ3倍だという最近の調査結果も引用されており(123ページ)、その場合には18000人~45000人のがん死者が出る 50mSvの場合、帰還住民の半数が亡くなる可能性が示唆されている 現実には、放射線が一因となる心臓疾患、腎臓病、免疫不全、代謝異常など、がん以外の病気による追加の死者が付け加わる 放射線への感受性が数倍から数十倍高い小児や乳幼児への影響も考慮し、また放射性微粒子を吸い込んだり汚染された食品を食べたことによる内部被曝の影響も入れると、リスクはさらに増える つまり、これらを捨象して、政府側の専門家の「100mSvしきい値論」に依拠しても、外部被曝とがんだけでこの結果になるのだ ――隠された静かな放射線ジェノサイドというほかない www.jimmin.com/htmldoc/156904.htm 【記録】2011年3月14日11時1分 臨界による核爆発が起きる(2011年3月14日、日本テレビお昼のニュースより) この映像を流した責任を問われ、日テレ報道局デスク木下黄太氏は、日本テレビを退職することになった https://youtu.be/0S15pZvEOFk 【必見動画】 放射能は今でもこわいよ! 子どもを守ろう! 11.7新宿アルタ前デモ 2015年11月7日(土)(録画) twitcasting.tv/7l2cnc/movie/214443259 (動画) 【必見・拡散『チェルノブイリ・ハート』無料配信】 映画『チェルノブイリ・ハート』は、一人でも多くの日本人に見せてください 無料で見られます 一億人が見たら変わります 一人でも多くつないでください https://www.youtube.com/watch?v=Vhb5pCXMkxU&list=PLjF4tckxD_cLpvJ6Y-kobaOGC4MeMUgG_ https://twitter.com/Lulu__19/lists/radioactivity

【ベストアンサー】
3.11フクシマの原発周辺は、土地の放棄し東電或いは国が買い取っりをしたほうがよい。避難者は他県で生活の基盤が構築されつつある。

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

庭先の放射線量3μシーベルト/h、そこで子供を育てられますか
[ニュース、政治、国際情勢|エネルギー、資源|原子力]

庭先の放射線量3μシーベルト/h、そこで子供を育てられますか? 2015/11/12 → 政府は、そんな場所へ住民を戻そうとしている。 ⇒ そんなところで子供を育てたら、医学的に証明されていようがいまいが、確実に病気になるのでは? ⇒ 政府・自民党/公明党がやっている事は、それって、人殺しでは? ・・・ 『<全町避難5年目>「17年3月解除」厳しく』 2015/11/12 河北新報 「東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県浪江町の町長選は15日、投開票される。双葉郡8町村で最も人口が多く、住民約1万8800人が県内外で避難生活を送る。町は2017年3月以降の避難指示解除を目指すが、除染やインフラ復旧は当初の計画より遅れ、町の展望は描けていない。事故から4年8カ月。町が抱える課題を追った。 ◎福島・浪江のいま(上)帰還への道 10日前に閉めたはずの寝室の扉が開いている。床はふん尿でぬれ、異臭が鼻を突く。「また入られたか」。侵入したのはサルかイノシシか。 浪江町役場から北西に6キロ。立野中地区(72世帯229人)の農業中野弘寿さん(62)は10日、一時帰宅した。自宅は居住制限区域にあり、空間放射線量は庭先が毎時3マイクロシーベルト、茶の間でも1マイクロシーベルトといまだに高い。 「家屋解体も除染もいつになるのやら。こんな状態でどうやって帰れというのか」。足を踏み入れるたび、帰還意欲がそがれる。 中野さんが腹を立てているのは、国の意向が実態とそぐわないからだ。6月に閣議決定した新たな福島復興指針は、避難指示解除準備区域と合わせ、居住制限区域も17年3月末までに解除する方針を打ち出した。 町は解除見込みを「17年3月以降」と示すにとどめ、時期の明示に慎重姿勢を貫いてきた。比較的放射線量の高い居住制限区域の解除は見送られると想定されてきただけに、中野さんは「現場を知らない机上の空論だ」と憤る。 宅地除染が終了したのは全体のわずか2割。町の担当者には、現場の除染作業員から「現状では解除目標時期に間に合わない」と報告が上がっているという。 町南部の谷津田地区(97世帯320人)は北側を除いた3方を、除染が手付かずの帰還困難区域に囲まれている。 日中の立ち入りができる居住制限区域とはいえ、除染廃棄物を保管する仮置き場の整備計画も遅れている。地権者が仮置き場設置に同意した割合は町全体で9割を超えたのに対し、同地区は7割に満たない。・・」 ・・・ → チェルノブイリの森は、事故後数十年経っても放射線量が下がらない。 腐葉土に蓄えた放射性物質は、木々の根から吸い上げられ新しい葉に蓄えられる。それが毎年繰り返され、地中に沈降して行かない。 → 福島の森も同じだ。 森林を全て伐採して、全ての腐葉土を除去しない限り、森は生き返らない。 → 帰還困難区域の約8割を森林が占め、面積は約2万6000ヘクタールに上る。 高濃度に汚染された区域では、営林活動も森林除染も、最初から不可能なのでは? そこに大量の放射性物質が存在し続け、それが雨や風で少しづつ川や周辺の地域に運ばれる。 ⇒ さらに、 周辺の80km圏でも、問題は同じなのでは? ところどころに点在するホットスポットの森の放射能レベルは、帰還困難区域のレベルに近いのでは? その森を、除染している?隔離している?あるいは放置したまま? ⇒ さらに、 数百km離れた軽井沢の別荘地で、キノコを採ると、その放射能レベルは基準値を超えるのでは? 20kmでも80kmでもなく、数百kmに渡って、程度の差こそあれ、森は汚染されたのでは? ⇒ 広域にわたる東北/関東/甲信越の全体の森を除染することは、現実にはできない? あの事故によって、国民は、ある一定量の放射性物質を食べ続けなければいけなくなったのでは? ⇒ そんな状況なのに、まだ原発を再稼働しようとする電力会社と政府・自民党/公明党は気が狂っているのでは? ※

【ベストアンサー】
育てるどころの問題ではありません。 100万ベクレルを超える放射能地帯です。 死にます。絶対にダメです。 1万ベクレルでもダメです。8000ベクレルなら日本は東京中に撒いても犯罪にならないというのです。 800ベクレルの完ぺきに乾いた土をトラックの荷台に2トンほど東京の真ん中を走っても犯罪にならないのです。まあ30分も走ればみな舞ってしまいます。 トンでもありません。外国では逮捕されます。

読者のためになる情報だと思ったので引用しました。
引用元:yahoo知恵袋

「豊本を信じている」“不倫”濱松恵が激白!「LINEは友人に送ったものが流出」(夕刊フジ)

「Tバックじゃなきゃ嫌」TOKIOが好きな女性下着を告白!城島の“ハイレベル”な趣向にメンバー驚愕!?(夕刊フジ)

過激!まさかのポロリも…人気グラドルRaMuが100%でやってみた R-1王者の「全裸おぼんネタ」動画(夕刊フジ)