太平洋戦争のさなか生まれた伝説のラジオアイドル「東京ローズ」の正体は?『歴史秘話ヒストリア』
その名も「東京ローズ」。開戦直後から日米両国は敵国の兵士の戦意を奪うことを目的とした心理戦を繰り広げる。そのカギとなったのがラジオだった。東京ローズは、日本側のプロパガンダ番組「ゼロ・アワー」で、東京のスタジオから太平洋で戦うアメリカ兵に向け、セクシーな声で (続きを読む)



東京ローズのひとり須山芳江さんの交通事故 番組を観ました。アイバ栗田の国家反…
東京ローズのひとり須山芳江さんの交通事故 番組を観ました。アイバ栗田の国家反逆罪についての裁判があっているときに、マッカーサーが「誘惑的」と評した 諜報放送のアナウンサーである須山芳江さんが交通事故にあいました。 このとき、番組ではあたかも視聴者にその交通事故が暗殺であるかのように思わせる表現をしていました。 しかし、疑問に思います。須山芳江さんだけを暗殺して何の意味があるのでしょうか? その当時は6人から構成されるということがわかっていなかったのですか? だから須山さんを消すことで、必然的に東京ローズ=アイバ栗田 となるわけですか? そうだとしても、諜報活動に加担していたことは事実ですし、国家反逆罪として裁くのに不都合があるのですか? そもそも東京ローズの裁判において、何が争点だったのですか? 「諜報活動の一環で放送をやっていたけど、戦意を喪失させる気はなかった。」 であれば国家反逆罪にはならないのですか? 戦意を喪失させるようなほかの諜報放送を、すべてアイバ栗田によるものだ、とすることでアイバ栗田を有罪にできる ということだったのですか? でも、それで須山芳江さんを暗殺って、ちょっとナンセンスじゃないですか? 噂ですよね?(続きを読む)