イスラーム国による日本人人質事件に関する「自己責任論」と「首相責任論」の狭間
1月20日、イスラーム国による日本人の人質事件が発覚しました。2人の日本人の解放に2億ドルという法外な条件を課してきたイスラーム国は、これによって世界各国の関心を引きつけました。恐らく彼らの最大の目的は、戦闘員や共感者、協力者のリクルートのための宣伝に (続きを読む)



アルジェリアで日本人人質が殺害された事件も、やっぱり1カ月もしないうちに風化…
アルジェリアで日本人人質が殺害された事件も、やっぱり1カ月もしないうちに風化しますでしょか? 日本政府も日本国民も、自分たちの邦人が殺されても、なんの政府制裁対抗もとらないし、国民もなにもなかったように風化するんでしょうか? 日本の憲法においての義務もなければ、国民に愛国心もない。 尖閣諸島も北方領土も沖縄も拉致問題も・・・・ 日本人には愛国心による戦いの「心意気」って、これから退化する一方なんでしょうか? また、例えば、アルジェリアへの抗議デモが渋谷で起こっても、NHKは報道しませんよね? 日本は国家ぐるみで、国民が国益と大切なものを守ることはできない国・・・・ という理解でよろしかったでしょうか?(続きを読む)