小保方晴子氏が理化学研究所を退職 野依良治理事長に責任問う声
魂の限界! 小保方晴子氏(31)がついにギブアップだ。理化学研究所は19日、都内で会見を行い、小保方氏が21日付で退職することを明らかにした。 「夢の万能細胞」と呼ばれたSTAP細胞に疑義が生じてから10か月あまり。小保方氏は9月から先月末まで再現実験を行っ (続きを読む)



小保方晴子さんは、2014年12月21日をもって理研を退職されるそうです。 いろいろな…
小保方晴子さんは、2014年12月21日をもって理研を退職されるそうです。 いろいろな批判を受けて当たり前だと思える一方、命だけは大切にして欲しいな、とも思います。 理研の野依良治理事長のコメントの一部。 「前途ある若者なので、前向きに新しい人生を歩まれることを期待します。」 私もそう思いますが、今後、小保方さんを受け入れられるような寛大な業界は、どんなところがありそうでしょうか?(続きを読む)