【戦国武将のリストラ逆転物語】大友義統 誤報信じた1度のミスで秀吉を激怒させる (1/2ページ)
豊後の武将で、キリシタン大名として知られる大友宗麟(そうりん)。海外貿易による経済力と巧みな外交で勢力を広げたが、後年は島津氏に圧されて衰退した。宗麟の嫡男として父から家督を受け継いだのが、大友義統(よしむね)である。 1576(天正4)年に当主となった義統 (続きを読む)



大友宗麟の子、大友義統について どこを調べても駄目な逸話しかないんですが …
大友宗麟の子、大友義統について どこを調べても駄目な逸話しかないんですが 何か無理矢理彼を褒めるとしたらば 彼の人生の中で、ここは多少優れていたって部分はありますか? 1個人として。 本当に救いようの無い馬鹿殿様だったんでしょうか?(続きを読む)