首都圏の超高層ビル、直下型地震で要修復2割 清水建設予測
清水建設は首都圏にある超高層ビルの耐震性を分析したところ、約2割のビルが直下型地震で修復が必要になる損傷を受けるとの予測をまとめた。分析した1960年代後半以降に建設した超高層ビルのうち、99年以前に建てられた高層ビルはM7級の直下型地震で傷みが激しく (続きを読む)



地震波トモグラフィーにおける地震波速度の違いは、物質のどのような性質の違いを…
地震波トモグラフィーにおける地震波速度の違いは、物質のどのような性質の違いを表しているか 教えてください。(続きを読む)