地方創生総合戦略 ボールは地方自治体に 戦略具体化に課題
政府は27日の臨時閣議で、安倍晋三政権の目玉政策の一つである「地方創生」の長期ビジョンと総合戦略を決定した。両文書は日本の人口減少に「究極的には国の持続性すら危うくなる」と強い危機感を示し、克服に向け数値目標を盛り込んだ施策を示した。これを受け、地方 (続きを読む)



地方創生いう言葉があります。地方に両親がいて、子供が都会で働いていて、両親の…
地方創生いう言葉があります。地方に両親がいて、子供が都会で働いていて、両親の介護問題で地方に戻り職探しをしようとしても職がないし、産業がないという状況はよくないと思います。 昔は、農林漁業や個人商店が地方に多くあり、地方が栄えていたように思います。産業構造の変化で、農林漁業が少なくなり、味噌、醤油、酒の製造業、小売り店などがなくなり、コンビニと大型店だけになったように思います。そのため、昔の産業構造を研究し、生きていくための基礎産業は地方に残し、産業の保護育成をしていくことが大切と思います。資本の合理性の概念だけでなく、日本全土の国民の生活の向上の概念を基礎に資本の合理性を考えるべき時代にきたように思います。みなさんは、どのように思われますか?(続きを読む)