————————————————–

————————————————–

台湾機墜落事故 2エンジンとも動力失う
台湾で4日、旅客機が川に墜落した事故では6日、新たに4人の遺体が見つかり、死者の数はこれで35人となりました。 台湾の当局は6日記者会見し、2つのエンジンがいずれも動力を失って墜落したことを明らかにしました。 台湾では4日、乗客乗員合わせて58人を乗せて、 (続きを読む)

故障に加え操作ミスの可能性も 台湾機墜落、死者35人
台湾・復興航空(トランスアジア航空)の旅客機が台北松山空港を離陸直後に墜落した事故は、故障に人為的ミスが加わり、二つあるプロペラエンジンが両方とも停止した可能性が出てきた。台湾の飛航安全調査委員会が6日、事故機のブラックボックスの初期段階の解析結果を (続きを読む)

台湾で「森健知事」「千葉県」がブーム
千葉県の森田健作知事(65)が5日、都内で行われた「千葉の味覚フェア」オープニングイベントに出席した。千葉県産農林水産物PRを目的に、都内の有名レストラン5店舗とコラボしたフェア(26日まで)が行われる。この日は南青山のイタリアンレストラン「HATAKE AOYAMA」 (続きを読む)



台湾の航空会社はどうしてこうも事故が多いのでしょうか? 昨年に続いて昨日も墜落…
台湾の航空会社はどうしてこうも事故が多いのでしょうか? 昨年に続いて昨日も墜落事故を起こした復興航空は過去、21年間に 4回も墜落事故を起こしているそうです。 フラッグキャリアの中華航空は4年おきに重大事故を起こすことから 地元台湾では”華航四年大限”なんて揶揄もされているそうです。 これは単に航空会社の問題だけではなく、台湾航空当局自体の レベルも少なからず影響しているのでしょうか? 同級生が国内の某航空会社で整備士をやっていて、業務受託で 日本に飛来した台湾機(2社)の点検業務を行っているそうなんですが 同級生曰く、自社では遅延か欠航させて部品を交換するような、大きな 故障に分類される不具合が見つかっても、台湾機の機長は「没問題!」といって、 そのまま出発するそうです。 で、数日後に再び飛来してきて、ちゃんと台北でメンテしたかと思いきや そのままの状態だったなんてことが、間間あるそうです。(続きを読む)

————————————————–

————————————————–