女性20人に140回暴行 暴力団員かたり、強盗強姦の男に無期判決 大阪地裁
暴力団員をかたって6年半にわたり、中学生を含む10~20代の女性20人に計約140回の性的暴行やわいせつ行為を繰り返したとして、強盗強姦などの罪に問われた無職、中西康浩被告(50)の裁判員裁判の判決公判が27日、大阪地裁で開かれた。登石郁朗裁判長は「被害 (続きを読む)



大阪の中西康浩被告は強姦や強制わいせつなどの暴行を24年9月までの約6年半に…
大阪の中西康浩被告は強姦や強制わいせつなどの暴行を24年9月までの約6年半に140回以上繰り返した。 中には約2年にわたり二十数回の被害に遭った女性もいたとそうです。 被害者は27人にのぼったそうです。 また、手に入れた卒業アルバムの写真から好みの女子中学生に狙いを定め、 電話番号を調べて犯行に及んだこともあったそうです。 関西では日常茶飯事のことですか。(続きを読む)