【インタビュー】『ベイマックス』の舞台サンフランソウキョウは"別府"をイメージしたもの!? – アニー賞を獲得したクリエイター上杉忠弘が明かす舞台裏
そんななか、イラストレーターの上杉忠弘氏は映画『コララインとボタンの魔女』(2009年)でコンセプト・アートを手掛け、第37回アニー賞最優秀美術賞を獲得し、このほど公開された映画『ベイマックス』でも、コンセプトアートを担当し、同作の舞台となる"サンフランソウキョウ"をゼロ (続きを読む)



ベイマックスはアナ雪並みにヒットすると思いますか?
ベイマックスはアナ雪並みにヒットすると思いますか?(続きを読む)