ピエリ守山「廃墟」からリニューアルオープン ネットから声援続々
ピエリ守山は、琵琶湖沿いで2005年まで営業していた犬のテーマパーク「わんわん王国」の跡地に2008年に造られた大型ショッピングモール。開業時には、5万5000平方メートルの床面積を誇る館内におよそ200の店舗が入居し、店舗に直結した桟橋から琵琶湖汽船が運航する (続きを読む)



滋賀県巨大ショッピングモール「ピエリ守山」はなぜ失敗したのですか? 当時、な…
滋賀県巨大ショッピングモール「ピエリ守山」はなぜ失敗したのですか? 当時、なんだかピロリ菌みたいで変な名前だねと友人と笑っていた記憶があります。 しかし、琵琶湖に面した国道沿いの巨大ショッピングモールで店舗数も200以上あり 集客力はかなりあるだろうからつぶれるようなことは絶対にないと思っていました。 素人の考え方ですが、イオンのような巨大商業施設を建設すれば必ず儲かると思っていました。ところが、数年もたたないうちに客足は遠のき、施設内はまるでゴーストタウンのように閑散としています。 200あった店舗は次々と撤退し、魅力的とよべるようなものはほとんどなくなってしまいました。 確かにイオン草津ができてしまったことも外的要因にはなるかもしれません。 しかし、それだけであそこまで売上が下がるものなのでしょうか? ピエリ守山はなぜ、お客さんがこなくなってしまったのでしょうか? また、ピエリ守山の失敗から私たちが学べることは何なのでしょうか?(続きを読む)