出版社が運営するWebコミックサイトまとめ
原案:浅草アリス 作画:亀和田康太)、E☆エブリスタ電子書籍大賞受賞のSFファンタジー、火星に住み人間のために働く人造人間(レプリカント)たちの地球への脱走劇を描いた『ヒエラルキーに泳ぐ深海魚は夢を見る』(原案:池☆沼太郎 作画:まくた)など8作品。 …. Webオリジナル作品では、國鉄がJRにならな(続きを読む)



サンフランシスコでトラ脱走 動物園にいたトラが脱走し、1人が死亡、2人が怪我…
サンフランシスコでトラ脱走 動物園にいたトラが脱走し、1人が死亡、2人が怪我をしたそうですが、シベリアで暮らしていたトラを動物園の見世物にしようと、 人間が連れて来て、人間の不手際で脱走させてしまったとなるや、死者がでたので射殺する、って言うのはあまりに人間が傲慢 なのではないですか? よくサーカス小屋から逃げ出した象がストレスを溜めて暴れだし、世話主を踏み殺したので、何百発もの銃弾を浴びせて始末する などと言うニュースも報道されますよね。 ライオンなどの捕食者がいるとはいえ、象だって自然の中で悠然と暮らしていた訳です。にも関わらず傲慢にも人間が連れて来て 言うことを聞かなければ射殺するというのは、トラの件、同様に傲慢ではないでしょうか? 人間と野生の動物のふれあいを目的に野生の動物を連れて来るのならば、せめて、人間が野生の動物をコントロールをできなく なった時に殺さずに事態を収拾するアイデアがなければ連れて来てはいけないのではないでしょうか? トラ脱走のニュースを聞いて、どう思いましたか? ちなみに、シベリアのトラはロシアの石油パイプライン開発の影響で生息地を奪われ数が激減して、保護が謳われている動物です。(続きを読む)