————————————————–

————————————————–

ステイゴールドが急死
三冠馬オルフェーヴルをはじめ、ドリームジャーニー、ゴールドシップなどGI馬を多く送り出したステイゴールド(牡21歳・父サンデーサイレンス)が5日、けい養先である北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで急死した。21歳。死因は不明、調査中とのこと。 同馬は現役 (続きを読む)

人気種牡馬ステイゴールドが急死
現役時代に香港ヴァーズなどを制したステイゴールド。種牡馬としてもオルフェーヴル、ゴールドシップなどを送り出してきたが5日、急死した【拡大】. 香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックを制し、種牡馬としてもオルフェーヴル、ドリームジャーニーなどを送り出して活躍してきた (続きを読む)

ステイゴールド死ぬ=競馬
中央競馬で2011年の三冠馬オルフェーヴルなどを送り出した名種牡馬ステイゴールドが5日に死んだことが、池江泰郎元調教師の関係者の話で分かった。21歳、死因は不明という。 ステイゴールドは現役時代、日本国内のGIで勝つことはできなかったが、01年に香港国際競走 (続きを読む)



ステイゴールド産駒の牝馬があまり大成しないのは気性のせいでしょうか? ステイ…
ステイゴールド産駒の牝馬があまり大成しないのは気性のせいでしょうか? ステイゴールド産駒に共通するのが気性の激しさ。 牝馬で気性が荒いと競走能力に支障をきたす場合が多いですよね? ステイゴールド産駒で重賞を勝った馬というと、アルコセニョーラやソリッドプラチナム、バウンシーチューン、マイネレーツェル等、牝馬限定の重賞を1つ勝つがその後の成績が今一つ。 ドリームジャーニー、ナカヤマナイト、オルフェーヴル、フェノーメノ、ゴールドシップ等、牡馬は爆発的な馬を出してきていますが、今後ステイゴールド産駒の牝馬でクラシックやG1を賑わす様な馬が出てくる可能性はあるでしょうか? みなさんの見解を教えて下さい。(続きを読む)

————————————————–

————————————————–