————————————————–

————————————————–

ステイゴールドの訃報、熊沢「何回も泣かされただけに思い入れが強い」
5日に急死したステイゴールド。デビューの頃からコンビを組み、50戦のうち33戦で手綱をとった熊沢重文騎手が、惜別の思いを語った。 「訃報を聞いて驚きました。種牡馬としてもまだまだ若かったですし、残念でなりません。 デビューの頃から長いことコンビを組ませてもらって、 (続きを読む)

ステイゴールドが急死
三冠馬オルフェーヴルをはじめ、ドリームジャーニー、ゴールドシップなどGI馬を多く送り出したステイゴールド(牡21歳・父サンデーサイレンス)が5日、けい養先である北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで急死した。21歳。死因は不明、調査中とのこと。 同馬は現役 (続きを読む)

ステイゴールドが急死 オルフェーヴルはじめ数多くの名馬輩出
オルフェーヴル、ゴールドシップなどのG1馬を輩出したステイゴールドが5日、死んだ。21歳だった。原因は不明。けい養先の北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種付け中に異常が見受けられ、病院に運ばれたがそこで様態が急変した。 同馬は現役時代 (続きを読む)



ステイゴールド産駒の牝馬があまり大成しないのは気性のせいでしょうか? ステイ…
ステイゴールド産駒の牝馬があまり大成しないのは気性のせいでしょうか? ステイゴールド産駒に共通するのが気性の激しさ。 牝馬で気性が荒いと競走能力に支障をきたす場合が多いですよね? ステイゴールド産駒で重賞を勝った馬というと、アルコセニョーラやソリッドプラチナム、バウンシーチューン、マイネレーツェル等、牝馬限定の重賞を1つ勝つがその後の成績が今一つ。 ドリームジャーニー、ナカヤマナイト、オルフェーヴル、フェノーメノ、ゴールドシップ等、牡馬は爆発的な馬を出してきていますが、今後ステイゴールド産駒の牝馬でクラシックやG1を賑わす様な馬が出てくる可能性はあるでしょうか? みなさんの見解を教えて下さい。(続きを読む)

————————————————–

————————————————–