カネミ油症:子や孫に症状 高まる「救済を」
国内最大の食品公害「カネミ油症」で、患者の子どもや孫が患者と同様の健康被害を訴えている。原因の米ぬか油を直接食べていないが、主因のダイオキシン類が母胎を通じて伝わったとみられている。しかし、多くが患者として認定されないままだ。年齢を重ねるにつれ症状が (続きを読む)



カネミ油症事件とは?
カネミ油症事件とは?(続きを読む)